春をオシャレに過ごせる服の色の組み合わせとは?暖色、中性色、寒色ごとに紹介!

シンプルファッション

はりふーです。

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

段々と気温も上がり、薄着の機会も増えてきましたね。

 

そして、服といえばみなさん、とくに色の組み合わせに迷うことが多いんじゃないかと存じます。

 

「全体的にパッとしないですわ〜…」

「季節感ないっす〜…」

などなど、悩みがつきものじゃないでしょうか?

 

でも、色の組み合わせをちょっと考えるだけで、だいぶ映え方が変わってくるものなんですよ!

したがって今回は、「春をよりオシャレに過ごしたい!」というあなたのために、「季節感」をキーワードに、服の色や組み合わせを色の系統別(暖色・中性色・寒色)に紹介していきたいと思います!

あくまでもアートを愛する私の、独断の意見なのでご了承くださいませ。(笑)

春は淡い色の服を取り入れるべし

季節によって着る服の色を変えることはよくある話ですよね。

 

例えば、冬は暗めの色、夏は白やビビッドな色などなど…

単純に夏に黒い服を着ると暑いから、という理由もありますが。(笑)

 

ただ、やはり季節によって着る服の色を変えると、より洗練されたファッションになることは確かです。

周りからも、「この人はいつも雰囲気に合った服を着こなしているな~」と思われることでしょう!

モテ度アップというやつですね〜。

(モテたい人にとってファッションの壁は突破すべき事項ですから…!)

私も色使いが素敵な人を見ると「すごいな〜レベル高いな〜」ってついファッションを観察してしまいますから。(笑)

 

さて、「季節によって色を変える」というお話ですが、春には淡い色や明るめの服を最低一点は取り入れることをおススメします。

 

冬の暗い季節が終わり、徐々に気温も上がり、若葉や花が咲いてくるのが春。

代表的なイベントはお花見でしょう。

そんな春のイメージは、「やさしさ」や「明るさ」ではないでしょうか?

 

なので、服の色にもこうしたやさしさや明るさのある色を選べば、あなたのセンスやオシャレ度も格段に上がること間違いなしです!

 

それでは、具体的な例を挙げていきますよ〜!

~暖色編~ 赤、オレンジ系

おすすめの暖色は…

サーモンピンク

はちみつ色

アプリコット など

 

春は桜が咲き、ぽかぽか暖かい季節。明るめの色を選ぶと春の雰囲気にぴったりになります。

暖色の組み合わせ例

春の暖色+こげ茶色のアイテムで柔らかな印象を与えることができます。

 

ボトムスにはジーンズ生地のアイテムを組み合わせるとスッキリした印象になるでしょう。

誰でも簡単に取り入れることができる組み合わせだと思います!

 

上級者向けですが、春色のアウターを着るのもおすすめですね。

 

春色のコートを先取りして取り入れることで、周りの目を引くこともできるでしょう!

ただし!!全面的に淡い色になると締まりのない印象になってしまうので、一点は暗めのアイテムを用いると一気にカッコよさが引き立ちます。

ボトムスやインナーに黒や濃いグレーのアイテムを組み合わせると良いでしょう。

(色合いによっては淡い色同士でも決まります。が、ファッション初心者は控えた方がいいかも…。)

~中性色~ 黄、緑、紫系

おすすめの中性色は…

カナリア

アイリス

若草色 など

 

若葉が芽生えてくる春。暖色と同じで、明るめの色が合うでしょう。

アイリスは春〜初夏にかけて開花するアヤメや菖蒲にちなんだ色なので、季節感が出ますね。

若葉の色でもある黄緑もおすすめです。

中性色の組み合わせ例

紫のアイテムを使うときは、白系や薄いデニム生地のアイテムを1点でも取り入れると一気に明るい印象に。

スタイリッシュ・カッコ良く見せたい!という方はデニムやグレー系のアイテムを用いると良いと思います。

特にデニムは簡単にオシャレ感を出せるアイテムになっておりますので!

あとは、黒を合わせるのもシャープでオシャレなイメージになります。

黒って何にでも合わせられますからね。

特に春の淡い色と合わせるとメリハリのあるコーディネートにすることができますよ〜!

 

 

~寒色~ 青系

おすすめの寒色は…

新橋色

スカイブルー

 

あまりにもビビッドな寒色は夏のイメージが強いので、柔らかなイメージの強い春の季節には淡い色のほうがより合うでしょう。

寒色の組み合わせ例

柔らかな寒色に合う筆者オススメの色は、茶色やカーキなどの黄色みや赤みを含んだ色です。

春の柔らかな雰囲気を極めたいならば、暖色系で落ち着いた色のアイテムを合わせるとバランスが取れて綺麗に見えます!

 

ただ、今回紹介してる水色であれば、なるべく暗めで落ち着いた茶色やカーキを選ぶといいかもしれません。

 

なぜなら、寒色と暖色は互いに反対の色に位置し、あまりにも鮮やかな色同士を合わせてしまうと、ギラギラした派手すぎる見た目になってしまうからなんですね〜。

 

なので、反対の色同士を組み合わせるならば、一方の色は落ち着いた色や、色味が薄めのアイテムを合わせると派手すぎず調和のとれた見た目になりますよ^^

 

暖色系以外であれば、白もまた青に合わせやすい色です。

 

もしもっとクールな雰囲気がいいのであれば、グレーやネイビー系のアイテムを合わせると良いでしょう。

特にボトムスにグレーやネイビー系のアイテムを組み合われれば、引き締まって美脚効果も出ますからね。

 

春色を取り入れつつ、洗練されたカッコいい大人の雰囲気が出ること間違いなし!!です。

 

終わりに

私は出かける日となると、何回も何回もクローゼットと鏡を行き来してしまうことがありました。(優柔不断な性格なのもあります。笑)

この服を着たいけどなんか合わない…よしこれを組み合わせてみよう!あれ?なんか重苦しいなぁ、やっぱりあの服を着ようかな、いやでも…(省略)

といった感じです。笑

 

皆さんも一度は経験したことがあるのでは?

 

これは、色の相性や組み合わせ方のコツが分かってないから、ということが一理由として挙げられるのです。

絵を描き続けて配色について考える機会が多い私でも、たまに分からなくなりますから!

 

特に季節によって着る服の色が変わるとなると、ファッションというものはなかなか難しいものですよね〜。

なので今回は、私が普段服を選んだり買う上で気を付けていることを、色の組み合わせをテーマに挙げてみました。

みなさんにとって少しでもファッションのヒントになれば幸いです。

 

それでは、回覧ありがとうございました〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました