ジェンダーレスファッションで参考になる骨格の3タイプとは?イラストで紹介!

シンプルファッション

ジェンダーレスファッション研究中のはりふーです!

今回は、ファッションと骨格について。

私もただ一着一着のデザインのかっこよさだけで選んで、組み合わせたり試着してみた後に「アレッ!?こんなハズではなかったのだが…!」となることがよくあります。

それって、もしかしたら自分の骨格のタイプに合った服を選んでいないからかもしれません!

というわけで、今回はその骨格タイプなるものについて、独自イラスト付きで紹介していこうと思います!

 

この記事は、ジェンダーレスおよびメンズライクなファッションをするときに、「女っぽい体をどうにか中性に近づけたい!体の丸みを隠したい!」という方向けに書いています。

もちろん、ただファッションの研究がしたい!っていう方にも参考になると思います。

 

※自分の考えるジェンダーレス像も人それぞれ。ジェンダーレスについて真剣に考えてみた記事も書きました。読んでみてください↓

 




人の骨格は大きく分けて次の3タイプに分けられる


イラストでまとめてみました。

人の骨格はだいたいこの3タイプに分けられる、ということなんですね。
ざっくりまとめると、以下の通り。

 

  • ストレート骨格= 筋肉質。肩〜太ももにかけて厚みがある
  • ウェーブ骨格 = 華奢。上半身は細いが下半身が張っていて洋ナシ型
  • ナチュラル骨格= 骨や関節が目立つ。一番メンズに近い体つき

 

当てはまるタイプ、見つかりましたか?

 

特にウェーブ骨格の方は、女性の曲線的なラインがはっきり出てしまいます。
「ジェンダーレスコーデがしたい!」「メンズっぽく着こなしたい!」という方にとってはなかなか手強いタイプですね。

 

逆にナチュラル骨格の方は女性らしいラインが出にくく、着太りすることがあまりありません。
中性的なコーデをするのには好都合な体型かと思われます。

 

それぞれの骨格の特徴

ナチュラル骨格が一番ジェンダーレス向き。

 

じゃあウェーブ型・ストレート型の私ってどうしようもないのかな…(泣)
って思ったアナタ。大丈夫ですよ!!

 

自分の骨格の特徴・活かし方・カバーの仕方を知れば素敵なファッションが可能になるので、以下を参考にしてみてくださいね。詳しいページを用意しています!

 

ストレート骨格

<ストレート骨格>

  • 首短め
  • 肉厚・ハト胸ぎみ
  • 筋肉がつきやすい
  • バスト・ウエストの位置が高く、脚も長め
  • 上半身〜太ももがしっかりしている
  • 逆にひざ下は細め
  • ボンキュッボン

リンゴ体型・着太りタイプです。

グラマラスな体型をしていますが、そんなのいらねえ!って思う方いますよね(笑)

詳しい説明とNGコーデ・オススメコーデ例はこちらをチェックしてください。

ウェーブ骨格

<ウェーブ骨格>

  • 上半身が華奢
  • 首は長めだが、肩幅が狭い
  • バスト位置低め
  • 骨盤が広いが、脚は細め
  • お尻が垂れ下がっている
  • 洋ナシ体型

いわゆる「女性的」な骨格タイプ。

曲線的で華奢な見た目から、フレアスカートが似合います!とか、シフォン生地の柔らかい生地がいいですよ!とかフェミニンなアイテムをオススメされることが多いです。

 

だがしかし、ジェンダーレスを目指す方や、メンズファッションをしたい方にとってそんな要素なんていりません…(笑)

私もスカート履かない勢ですからね。

ナチュラル骨格

<ナチュラル骨格>

  • 肩・背中・腕など関節が目立つ
  • 筋肉も脂肪も目立たない
  • 筋も目立つ
  • 手足が大きい
  • ヒップがのっぺりしている
  • 肉感ナシ

全体的にカクカクしています。メンズに近いタイプですね。

ジェンダーレスファッションを目指す私からすれば羨ましいの一言ですね〜!その関節が欲しい!私にくれ!!

 

とはいえ、やはりこのタイプにも向いてないファッションはあるかも。

まとめ まずは自分の体型を知ることから

以上の3タイプ、いかがでしたか?

ジェンダーレスコーデは、特に自分の体型をよく知ることがオシャレにつながる近道です。

私もまだまだ研究中。また色々試してきてわかったことがあればまとめていきたいと思います!

 

みなさんもそれぞれの体型のポイントを参考にしつつ、鏡に映った自分と見比べてみてくださいね!

毎日のファッションを、より楽しく、豊かにしていきましょう^^

はりふーでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました